社会福祉法人木犀会は茨城県内の高齢福祉施設、障がい福祉施設の運営を行っています。
茨城県 福祉 社会福祉法人木犀会

「茨城県 福祉 木犀会」採用情報

いきいきスタッフ

大関 伸子 (おおぜきのぶこ)平成26年入社(勤続1年2か月)支援員 勤務地 ひまわり館

介護労働講習を受講した時に障がい者支援施設で実習をしたことがきっかけで、「障がい者施設で働こう!」と心に決めた大関さん。ひまわり館では、得意の裁縫を活かしポプリの製作を担当している。

大関 伸子

Q.数ある施設の中から「木犀会」に入社をきめた理由は?

「もちの木作業所」という障がい者施設が木犀会にあるのは知っていたので、「その求人があればいいな」と思いながら就職面接会に参加しました。実際に話を伺ってみると、自宅の近くを始め、県内にいくつもの障がい者施設があり、それぞれが特徴のある支援を行なっていることに驚きました。
後日、「ひまわり館を見学に来ませんか?」との連絡をいただきましたが、思い切って一日ボランティアをお願いしてみました。人見知りの性格なのでとても緊張したのですが、職場の雰囲気がとても良く、利用者の方々の純粋さにも触れ、木犀会への応募を決めました。
そして面接、採用となりボランティアをした「ひまわり館」に勤務しています。

大関 伸子

Q.現在の仕事内容とやりがいを教えてください。

仕事の内容は、利用者・利用児童の支援で、ひまわり館の看板商品の一つ、ポプリの製作を担当しています。香りの素になるラベンダーは、ひまわりファームで実際に栽培しているんですよ。収穫、乾燥から、布地選び、裁断、縫製と全て手作業をポプリ班の利用者さんと一緒に行っています。
また毎週金曜日、施設の一角に開店する「笑顔満店」で、ポプリやビーズアクセサリー、ポップコーン、野菜などの販売も担当しています。
難しさを感じることもありますが、格好を付けず地のままでぶつかっています。そうすれば自然と利用者さんも笑顔で応えてくれますし、それがまた励みになります。 「笑顔満店」では、職員と利用者さんが一緒になってアイディアを出し、色々なことに挑戦していますが、回数を重ねるにつれ、お客様との会話や商品の受け渡しが上手になったり、準備や片付けも積極的に関わってくれたりと、利用者さんの新たな一面がたくさん見られるようになりました。そのような時、この仕事のやりがいを実感しています。

大関 伸子

Q.休日はどのように過ごしリフレッシュしていますか?

休日には健康増進のために千波湖畔でウォーキングをしたり、仲の良い友達とランチを楽しんだりしてリフレッシュしています。
韓流スターも大好き(誰かは秘密です)なので、音楽を聴いたり、来日した時にはコンサートに行ったりもします。旅行なんかも好きですね。でも、たまには家でゴロゴロとして過ごしたりもします。

Q.仕事に対する夢や抱負があれば聞かせてください。

福祉の仕事は「頑張らなくちゃ!」と肩ひじを張りがちですが、無理して頑張りすぎないように自然体で長く続けていきたいですね。
仕事はまだまだ半人前で、覚えることはたくさんありますが、人と人とのつながりは助け合いの気持ち持ちが大切だと思うので、その気持ちを常に忘れずに仕事に励み、自分自身も成長していけたらと思っています。

このページのトップへ
Copyright(C)2010 Mokuseikai Social Welfare Corporation All Rights Reserved.